外出先で仕事をできるモバイルの最大のメリットとは モバイルの誘惑

最近外でのパソコンを使う仕事が増えてきました

私はパソコン関係の仕事をしているので、パソコンはノートパソコンとメインのデスクトップパソコンで仕事をしているのですが、最近、色々ありまして出先でノートパソコンを使って仕事をする機会が増えてきました。

ノートを持参する場合、のメリットとは「どこに行っても仕事をする事ができる」という精神的な開放感が大きいのではないでしょうか。

外出先でもノートパソコンを持っていることで、簡単な作業、それはつまりメールの返信や、さして重要度は高くない文章の作成などの業務は、仕事場以外でも可能である、ということが非常に精神的にプラスの影響を与えるのではないでしょうか。

つまり、それは別の言葉で言い換えるならばスケジュールの柔軟性に寄与する意味も大いにあるでしょう。

あるメールを必ずチェックしなければならない時に、ノートパソコンにメールをインストールしていれば、出先でチェックする事ができる、もしくは、それはメールでなくても特定のWebサイトのチェックなど事も同じです。

別にそれはスマートフォンでもできる、との考え方もありますが、所詮スマートフォンで見る情報はノートパソコンで全画面で見る情報とは全く異なる場合があります。

また、キーボード物理的キーボードによる入力の速さ及び情報の処理速度の速さについては言うまでもないないでしょう。



広告

なぜ今ノートパソコンなのか

ただ、これ私は実際に自分で買って経験した事ですが、特に、自分で情報を作る、つまり、キーボードを打つ作業をする場合はノートパソコンの方が断然、お勧めです。

つまり、ノートパソコンであれば画面とキーボードがハードウェア的に接続されている為、タブレットなどのようにbluetoothで外付けキーボードを外付けで使う、という状態に比べると、はるかに安定して外出先で使用することができます。

また、ノートパソコンの場合の画面を開いてすぐに使う事ができる事は非常にメリットです。つまり、ノートパソコンの場合、いちいちキーボードを接続する必要はない、元々付いている事もメリットです。

確かにタブレットの方が持ち運びには非常に便利ですが、安定性意味において多少の問題を持っている事は事実です。

また、タブレットは物理的に壊れやすい、タブレット本体を紛失しやすいという面もあります。どうしても薄いタイル状のものですから、損失などノートパソコンにはなかった問題が出てきている事も確かです。

とはいえ、純粋に出先で「情報を受信する」ことに特化するのであれば、タブレットは携帯性という意味では大いにメリットが有ることも確かなのですが。

これは業務の形態によりけり、のところが非常に大きいのでしょう。

単に受信もしくは、その確認メールがテンプレートなどで完結するのであればタブレットを選択する意味も大いにあります。



広告

ノートパソコンにサブ環境を持ち歩くメリット

とはいえ、ノートパソコンであっても、出先で可能な仕事は限られているのは事実ですし、また秘密の保全意味において、何でもかんでも外で仕事ができるという事ではありません。

実際私はどのような分野で働いているかを一切書くつもりはありませんが、かなり重大な企業様の情報を扱う事があるので、以下のような対策を行っています。

ノートパソコンを持ち出す場合はハードディスク内の情報を非常にあらかじめ厳密に処理をする、もしくは、外部ストレージに保管する、また、は重要な情報をインストールしている場合はどのような状況であれノートパソコンを肩身離さず持ち歩く、などの万が一に向けた予防策は行なっています。

実際のところ、外出先で仕事ができる環境を作ったとしても、それをメインとして運用する事は、ほとんどありえないのですが。

とはいえ、精神的に、どの場所に行っても仕事が一定程度行う事ができるのは確実にメリットですし、また、サブの仕事環境がある、それはすなわち、もし万が一、メインのパソコンが壊れたとしても、即座に仕事を継続できる、ということもまた精神的な余裕となるでしょうでしょう。


広告

とはいえ、「ノートパソコンそのもの」が使いにくい

とはいえ、普段、私は仕事でのデスクトップパソコンは、かなり良い環境で仕事をしているため、多少良いノートパソコンを持っていても、キーボードの打ちやすさ、安定性、発熱性などは、すべてノートパソコンはデスクトップパソコンに劣るのですが。

つまり、ノートパソコンは常にマイナス評価でありその、マイナスをいかにして小さくするか、という点においてのノートパソコンの選択方法になるのかも知れません。

しかし、最後に繰り返しになりますが、ノートパソコンを持つ意味の最大の意味とはそれはいざとなれば、どこでも仕事をする事のできる精神的余裕は買う行為なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)