日本語のYouTubeは面白くない。面白くない動画を見ないための簡単な方法

日本語のYouTubeは基本面白くない。かなり本気で思っていたりします。

静止画に流れるテキストであるとか、人口音声でパクリ文章を読み上げるサイトであるとかが溢れかえっていますね。
あと、訳の分からない「自称芸人」が馬鹿なことやっている動画とか。

本当に時間の無駄。時々良い動画があっても、その後の自動再生でモニタを壊したくなるほどくだらない動画が流れることも多々。

では、どうすればよいのか。

すごく簡単。英語で検索すること。


広告


これだけで検索結果が全く違います。愚劣な「マネタイズ(w」の事しか考えていない動画が一切表示されず、実に多種多様な優良動画が選び放題となります。

まあ、結果とコンテンツはすべて英語ですが…。

実際、英語の動画と言うのはたとえばBBCのトップ・ギアとかを代表として、すさまじいレベルの優良動画がそれこそ無数にあるのですよね。予算のかけ方も、映像の美しさも何もかもが段違い。くだらない日本のマネタイズ目的の動画など見るだけで目が腐ると思えるレベル。

それらの優良な動画が生まれる根源は、文化レベルの違い云々ではなく、いかに多くの視聴者がその言語で存在するか、ということでしょうか。
英語の場合、第二言語として使う人口も含めれば軽く10億人は存在するでしょうし、実際、アジア訛りの英語とか、明らかに第二言語としての英語も多数あるわけですし。とうぜん、視聴者が多ければ多いほど、淘汰が自然と行われるわけですし。当然、良い動画には日本語とは比べ物にならないアクセスを得ることができる、つまり、現金を得ることができる、ということでもあるのですから。


広告


ただまあ、そう考えると人口減少が確定してる日本語って…。

ちなみに。国立大学に入学できる程度の勉強をした人であれば「ブロークンな英語」以外であればなんとかなるものです。
入試ためであっても、勉強した言語を放置して忘却するのはもったいないですよ…。


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です