ビジネス使用でのタブレットとノートパソコンをメリット・デメリット比較する

私仕事で外出先で使えるガジェットとしてノートパソコンとタブレットの双方を持っているのですが、それぞれを仕事として実際に運用してみて感じたメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

タブレットをビジネス仕様するメリット

タブレットをビジネスに使う場合の最大のメリットのは、いつでもどこでも持ち歩く事ができるです。ノートパソコンであればB5サイズの小型あっても、鞄の中に入っているとその存在感を常に主張します。それに対して、タブレットの場合、タブレットとバッテリー、wifi端末だけなので、どこにでもそれを持って行こうという気になります。



広告

タブレットのビジネス仕様でのデメリット

タブレットのデメリットとは、「文字入力をする際には外部キーボードが必須」であることでしょうか。

また、マウスはなくとフリックやタッチでも入力をする事も出来るのですが、普段デスクトップpc を使っていると、マウスが無いともどかしい感じはあります。

つまり、タブレットとは情報を受け取るだけであれば非常に便利なガジェットなのですが、タブレットを使った本格的な入力業務を行おうとすると、非常に多くの付属物を持つ必要が出てきます。

出先で何らかの情報をチェックするも、しくはプレゼンテーションを行う、などの「受信が主となる、もしくは観覧が主となる業務」であれば便利だと思うのですが、逆に入力作業画面となる業務ではタブレットあまり向いていないと言えるかもしれません。



広告

ノートパソコンとはそれ自体が完結したガジェットである

それに対し、ノートパソコンは、キーボード、タッチパッドが付属することによる、それ自体が完結したガジェットです。

無論、電源コードや wifi 端末が別に必要であるという事も十二分に理解しますが、少なくとも文字を入力しようと思うのであれば、液晶の画面を開き、そのままキーボードから文字を入力する事ができることは、 タブレットが出現するまであまり意識されてこなかった、けれど、それはそれ極めて重要なメリットといえるのかもしれません。



広告

両者のメリットを活かす選択を

タブレットはともかく持ち運びやすい、そしてノート pc はそれ自体が完結した作業環境、ということに尽きるのではないでしょうか。

一例として、外出先でメールを扱うことを考えてみます。

メールを外出先で「チェックするだけ」の場合、スマートフォンでメールを見るよりもよりタブレットを持っていたほうが、より多くのメールを効率的に処理する事ができるでしょうし、逆に対して外出先で「メール返信の処理を複数」しなければならない場合はノートPCでそれらのメールについての返信業務を効率的にと行うという選択ですね。

とはいえ、この記事は仕事として用いる視点で書いたのすが、普通に遊びで外出先に持って往く場合のガジェットを考えるとタブレットの方がお手軽で良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)