windows10の強制的アップデートの裏に隠されたマイクロソフトの思惑

win10の強制的アップデート手法

windows10の強制的とも言えるアップデートによる、本人の望まぬアップデートがが最近頻発しているようです。

問いかけウインドウの☓(バツ)ボタンを押したらWindows10にアップデートされてしまうとか、本人が「知らない」間、もしくは本人が意図しない動作において実行されてしまうとか、正直、悪辣極まりない状態でアップデートになっています。

なぜそこまでしてマイクロソフトがwindows 10にアップデートさせようとしているのか、少し考えてみたいと思います。

なぜMicrosoftはWindows10にさせたいのか

プラットフォームを windows 10に一本化することによる開発の効率化
確かに今まで、vista、windows7、windows8などの複数のOSをサポートしているので、これを一本化することによる、OSの開発側、利用者側の負担の軽減、例えば動作検証の簡略化、などが考えられます。

モバイルとのシームレスな関係を築くこと
今までのマイクロソフトのmobile向けOSはパーソナルユースでは全然ダメダメな状態なのですが、これを今後、windows10と、それとの極めて親和性の高いOSを作成、もしくは配布にすることによって、後出しジャンケンとしてのスマホosとしての地位を確立しようとしているのではないかという見方。

将来的な「金の卵を産む」プラットフォームとして
個人的には、
Windows10は将来的には広告の入るosとなる
のではないかと考えています。また、広告表示についてはWindows10プリインストール機と他のosから無料アップデートでWindows10化されたosで何らかの差違が将来的に出るような気もします。

総論

例えば、企業で使用しているwindows7もしくは8で、「勝手に」windows10にアップデートされると、それまで設定してプリンタドライバ、スキャナドライバもしくは周辺の産業機器におけるドライバなどとの整合性の問題など、少なからぬ問題点が出ることが予想されます。(実際に私のところでもありましたし…。)

しかし、それを全くマイクロソフトは保証もしようとしないし、それに対して謝罪もしようとしない。こんなosが現在のデファクトスタンダードになっているという時点でPC文化のお粗末さが露呈していると思うのですが。

あと、OSって
「悪意があればPC内の全ての情報、動作を把握することができる」
ソフトウェアなので、それをホイホイと全く別のものにさせようとするマイクロソフトって経営的にかなりマズイのかねー、と思ったりしてしまいますね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)