愛媛FC vs カマタマーレ讃岐 2017年天皇杯二回戦 ニンスタ現地観戦記

2017年6月21日19:00キックオフでギリギリ到着

天皇杯2回、戦愛媛fcvsカマタマーレ讃岐事で、瀬戸内海同士非常に面白いカード出でしたので、現地に行って見てみる事にしました。

現時点で愛媛fcがj2リーグ9位、カマタマーレ讃岐が19位降格目の前、の状態となっています。

お互いのチームそれぞれ思惑はあるのでしょうけれど、四国勢対決で楽しみです。

私はその日は平日で休日を取っていたのですが、彼女は仕事であったため、一旦反対高校に向かい、その後、一路ニンジニアスタジアムへ。

私は休み取っってたので良いのですが、彼女は仕事終わった後なので途中でコンビニによって食べ物を調達して、ニンジニアスタジアムの駐車場に18:45分、C席、ゴール裏到着は18:55分、というギリギリの状態でした。

本来であればに1時間前に入って選手のウォーミングアップから見るののもなかなか面白いのですが、今回は彼女に平日の試合に合わせてもらっている状況なので、試合に間に合っただけでもよかったではないのかと。

普段も愛媛FCの試合をホームでも結構見ているのですが、、天皇杯と通常のjリーグ最大の違いは、看板が無く、スタジアムグルメも無い、ある意味ないないづくしとも言えなくはないのですが、ただ「サッカーそのものを見る」という意味で、シンプルイズベスト、無駄なものを削ぎ落とした、それはそれで新鮮な仕合です。



広告

前半は愛媛が押すが、決定打とならず

試合開始です。天皇杯と言う事で、控え選手つまりが出ています。

分かりやすい所では愛媛fcが今季獲得した中国の選手がスタメンで出ています。また、ゴールキーパーも普段はベンチ待機の馬渡選手です。

ちなみに、ゴールキーパーが愛媛FCもカマタマーレ讃岐も「両ゴールキーパーともに黄色」。普通のjリーグ戦であればアウェイの選手が白色基調のユニフォームを着るのですが、天皇杯では両方のチームともにホームユニフォーム着用です。

キックオフが19時開始です。前半戦は愛媛FCが押している事はよく分かる仕合なのですが、いまひとつ決定打を打てない状態で、はこれはおそらく普段のjリーグ戦に出ていない選手がスタメンで出ている事で、今ひとつチームが今ひとつ、しっくり噛み合ってないのではないのかと見えてしまいました。



広告

本当の見どころは後半から

さて、後半戦開始。後半、いきなりカマタマーレ讃岐が点を決めます。カマタマーレ讃岐としては現在、J2リーグでの順位が下の方なので、ここで勝って流れを良い方向に持っていきたい気持ちでしょうね。

その後、愛媛FCが同点に持ち込み。素晴らしい。その1対1の状態で、残り15分ぐらいまで経過したのですが、天皇杯なので、もしや延長戦、などとも思ったりしていたのですが、ところがどっこい最後に愛媛fcが、ラスト10分に決定打を押し込みます!

愛媛fcは今まで最後の最後に、相手チームに点を入れられて同点になる、などの仕合も有ったのですが、今日は素晴らしい仕合の流れで見ていて非常に面白い試合でした。

私は愛媛fcを応援していますが、カマタマーレ讃岐選手は今日の天皇杯の仕合で、一区切りをつけて、ぜひとも順位を上げてもらいたいものです。

愛媛FCとカマタマーレ讃岐で過去に「いろいろ」とゴタゴタもありましたが、同じ四国のjリーグチームとして、お互いに切磋琢磨し、お互いに良いライバル関係としてやっていけるといいなって思います。



広告

彼女が監督からサインを頂く(嬉)

で、彼女が出待ちを希望なので、私初の出待ち。

選手を目前で見ると、背が高いなって思う選手がいれば、普通の身長の選手も。みんな若いですね。20代前半くらいでしょうか?

最期に間瀬監督がお出まし。なんと、彼女が間瀬監督からサインをいただいてしまう(嬉)。

で、間瀬監督、満面の笑みで出てこられて、サポに対しても非常に丁寧な対応をされています。余談ですが、頂いたサインがやたらと可愛い。ここでは掲載しませんか、愛媛fcのサイトにませ監督のサインが掲載されているので、リンク貼っておきます。

で、間瀬監督のサポーターに対するすごく丁寧な対応。これは選手に対する、ある種のアピールなのではではないのか?と思ってしまうのです。

つまり、愛媛FCは地方のj2リーグで、決して来てくれるお客さんが多いとは言えない状態です。けれど、そのようなチームにおいて、監督がサポーターに対して、丁寧に対対応しているのだから、選手もその態度を見て、それを見習ってくださいね、と無言で選手達にアピールしているのではないではないのか?と、深読みてしまいました。

つまり、間瀬監督はピッチの中だけではなく、もっと広い視点で愛媛FCというチームを見ているのかも知れません。

まとめ
天皇杯であるため、jリーグの成績とは直接関係のなのですが、非常に面白い仕合でした。次の試合はJ1のアルディージャ大宮。 J2チームとJ1チームの戦いです。もし、この試合が近場で開催されるようであれば、是非とも行ってみたいな、と彼女と相談しています。

ちなみに、帰り道は焼肉屋で焼肉を食べて帰りました。勿論、車を運転してきたのでアルコールは抜きです。とはいえ、試合で勝った後の祝杯は水でも確実に美味しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)