ラジオが今後生き残る道、ラジオとメディアミクス、音声の強み

むしろテレビよりも好ましいメディアとなる可能性

ラジオは今後、むしろテレビよりも生き残る可能性が高いのではないかと私は本気で考えます。

なぜならば、ラジオはテレビにはできない「ながら聞き」をする事ができますし、番組の制作費もテレビとは桁違いに安価に制作することが出来ます。

ラジオ基本的には聴覚情報ですが、しかし、webとの連携をする事によりパーソナリティなどの写真を載せる事も出来ます。

また、アメリカのラジオパーソナリティが一人で編集、配信などを全て行う事も実際に行われているようです。

過去の履歴をサーバ上で公開する選択

ラジコというアプリももありますが、それよりも更に手軽に、更にアーカイブを充実させるべきではないでしょうか。有料ではなく、ウェブで過去のアーカイブをすべて無料で公開する、勿論、アドセンスや何らかの広告を掲示し、そこから収入を得る、というパターンです。また、必要に応じて「CMのみ」の差し替えなども有りうるのではないでしょうか。

今の時代、音声情報を保存するためのストレージはタダに近い状態ですから。

もちろん、そのためにはスポンサーとの契約内容の変更や、現在youtubeのなどに無断でアップロードされているラジオ番組の削除などは絶対的な必要条件となりますが、インターネットとラジオのは極めて親和性の高いメディアと言えるでしょう。

無論、YouTubeへの無断アップロードは好ましくない行為ですが、ラジオ番組のファンが純粋に「個人的なアーカイブ」として公開している気持ちは理解できなくはありませんが…。

もはや、ラジオ現在の「聴取率」という考え方ではなく、最終的な聴取回数を指標として番組を制作するべき時期が来ているのかも知れません。

その方が中長期的に見た場合、非常に質の高い番組を作れると考えます。

現在のテレビが視聴率至上主義で、タレントなどを出さざるをえない中で、ラジオが自ら構造変化を行い、中長期的な視点を持と番組制作を行うのであれば、ラジオは確実に復権するでしょう。

多様化する情報の中で、音声情報はベースとなる

インターネット上では様々なサービスや映像に特化したサイトがビジュアルベースのwebとして溢れています。しかし、それらはビジュアル表現である、すなわち、その情報を受け取る側がそのコンテンツに注視する必要があります。

それに対し、ウェブとしてのラジオの聴覚表現であれば、自分が好きな時に、「ながら聞き」で情報を受け取る事ができます。

これは今後インターネットの世界で情報が増えていく場合、他のコンテンツとの共存などの考える事ができるでしょうし、非常に有効なコンテンツではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)