パソコンで数千円でいい音を聞く方法の一例 楽器を意識する音作り

一体いい音とはいったい何なのか、私の考える良い音とは、それぞれの楽器、ドラム、ベース、ギター、ボーカルの音を聞くことのできる事をいい音と私は考えています。

バンドミュージックの構成

いわゆるポップ系の音楽において楽器とは、リズム隊ではドラムそしてベース、メロディもしくはバッキングのリズム隊としてギター、そしてメインのボーカル。あと、バンドによってはこれにシンセサイザーが加わる事があります。

それらの楽器のはそれぞれの楽器音域、つまり音を出す周波数があり、それらの音域がくっきりと別れていると、非常に聞きやすい音になるのではないでしょうか。



広告

何が聞きたいのか?

恐らく一般の人にとってポップミュージックを聞く場合、何を聞きたいのかと問うと、ボーカルをいかにして盛り上げるか、という事ではないでしょうか。

女性ボーカルなどの高音であれば、ベースとの対比を楽しむ、男性ボーカルの場合であればB’zなどが分かりやすいですが、ギターとボーカルとハーモニー、などの楽しみ方でしょうか。これは私の個人的な趣味をあげたもので、あって音楽には様々な楽しみ方があります。

スピーカーは何を選ぶか

PCで音楽を聞く場合、スピーカーは高いスピーカーでなくてもいいと思います。

私が使っているのサンワダイレクト、もしくはエレコムのpc のスピーカーです。ここれらにはウーファーがついていて、サイズからするとかなり低音がきちんと出ます。そもそも低音が出せなければ音作りができませんから。価格的には数千円くらいです。



広告

ソフトウェアイコライザ

ウーファー付きスピーカーをそのまま繋いでも、あまりいい音は出ません。眠たい音、濁っている音、と言った感じでしょうか。

ではどうすればいいのか、ソフトウェアイコライザーというソフトを使います。 私が使っているイコライザは下にリンクを貼っていますが、使い方に関しては各自調べてみてください。英語ですけど、なんとかなりますので。

EqualizerAPO

ソフトウェアイコライザーを使う場合、自分の聞きたい楽器はボーカルも含めて、何なのかを意識において調整するといい感じに音をつくる事ができます。

ソフトイコライザーとは、音をある領域を強く出すためではなく、重要な領域を強調するために他の領域を出力を減らす、方がうまく音を作ることができるかもしれません。変に特定の音域を強調すると音割れとかになりますので。

ちなみに、私の場合はベースの高音域を上げて、ギターなどの高音部をカットする、という音作りが好きだったりします。こうすることにより、ハッキリとしたベースラインと、それでいて聞いても疲れない音作りができるのではないか、と考えています。



広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です