テンキーレスキーボードにタッチハッド付きパームレスト、究極の肩こり対策

[btl]

なぜマウス以外のポインティングデバイスを必用とするのか

私は一応パソコンのソフトウェア系の仕事をしているので、肩こりは職業病と言えるのですが、肩こりとは、肩が痛い、頭が痛い、最後には吐き気にまで進行するような状態になっています。

そのため、これまでフルサイズキーボードからテンキーレスのキーボードに交換しました。

テンキーレスのキーボードを使用にする事によって、マウスへのキーボードからの移動距離が減ったため、随分と肩こりが緩和されたのは事実ですが、それでも業務で使用しているため、非常に長時間にわたり使用することが原因で、肩こりがひどい状況が続いています。



広告

当初はトラックボールを使おうと思っていたのですが

では、次の対策かないのか、と探していたのですが、実は当初はトラックボールを買おうかと検討していました。

ただ、トラックボールの場合、結局はキーボードから手を動かす、または肩を動かす行動をしなければならないため、結局、マウスとは大して変わらないのではないかと考えました。

また、トラックボールは値段が非常にピンキリで、それなりのお値段がします。それなりの値段のトラックボールを使って、あまり肩こりに改善が行われない場合、なかなか悲惨な状況である、とも考えられます。

また、トラックボールは、メーカーによってデバイスのスイッチの配置が異なるため、あるトラックボールデバイスになりてしまうと、他のトラックボールデバイスが非常に使いにくい状況、が生まれかねないのではないか、とも危険性を感じざるを得ません。



広告

タッチパッドの使用について

実は以前タッチパッドを使っていたのですが、その際はいわゆるマックに付属しているような、広い面積のタッチパッドを使用していたのですが、デメリットとして反応が鈍い事があります。

そのため、今回はノートパソコンのような小型のタッチパッドを使用しました。

購入し、実際に使ってみたところ、キーボードの手前に手元に置いて使うと、段差あって使いにくいため、パームレスト自作する事にしました。

パームレストと検索すると、いろいろと出てくるのですが、私は100円ショップに行ってバルサ材と、こぎりを買って作りました。

ノコギリ、バルサ材200円分、そして、木工用ボンドだけで1時間程度で作る事ができました。

形状としては、パームレストの中にタッチパッドを埋め込むような形で使っています。つまり、ノートパソコンのキーボードのスタイルをメカニカルキーボードにしたような構成と言えるでしょう。

実際に使ってみた感想ですが、これはこれで、かなり、アリ、と思います。

業務は普段キーボードからのコマンド操作をメインに行なっているのですが、どうしてもポインタを動かさればならない事が出てくるため、ポインタを動かす際に、手元をマウスよりも短い移動距離でポインタを動かすことができます。

それは、肩こりの軽減と同義語と考えています。



広告

タッチパッドのメリット、デメリット

とは言え、タッチパッドではできない、もしくは、非常に行いにくい作業も存在します。

タッチパッドで行いづらい作業としては、複数ファイルの選択があります。

特に、離れた複数ファイルを一点ずつ選択していく行為はマウスで行うべき作業でしょう。

あと、ちょっとした図形などを書く際にマイクロソフトのペイントを使用しますが、これもマウスでなければ実質的に作業が困難と思えてしまいます。

そのため、メインとしてはタッチパッドを使っていますが、タッチパッドとマウスの併用としています。

結局、タッチパッドとマウスは機材適所といったところでしょうか。

とはいえ、タッチパッドはポインターを動かす、という点においては、キーボードからの手の移動量が非常に少なく、肩こりの予防にも非常に有用なデバイスと考えます。

ただ、マウスのように細かい作業を行う事はできませんが。

それに対して、マウスは非常にオールマイティーの使い方をする事ができますが、その反面、キーボードから手を動かす移動量は確実に多くなります。また、肩こりの直接的な原因ともなります。

そのため、今回は両者を良いとこ取りをするために、マウスポインタ付きパームレストを作った、と言えるでしょうか。

自分でパームレストを作る手間はありますが、肩こりに悩んでいる人には試してみる価値はあるかも知れません。

あまり論じられないパームレストの着色について

自作したパームレストは先にも書いた通り、木材と木工用ボンドで自作したのですが、生木のため、使用していると随分と汚れてくるのです。

この汚れがあまり美しくないため、着色をしようと思ったのですが、ふと、考えた時にパームレストとは、常に肌に当たっている機材であり、

パームレストにニスのような科学着色料を使う事が体にとって好ましい事なのか?

と非常に心配になる点がありました。
そのため、私は妥協策として着色料ではなくインスタントコーヒーを使って着色をしています。

なぜならば、インスタントコーヒーは飲料であり、飲料が皮膚についたところで、かぶれなどは体質によっては生ずる可能性は否定できませんが、少なくとも、体にとって致命的な有害物質を取り込む事は考えにくいのではないかと考えます。

具体的な方法としては、非常に濃く作ったインスタントコーヒーを、ウエスなどで刷り込んでゆく作業です。

一回ではあまり色がつかないため、二回、三回と、乾かした後に着色していくと、ある程度の濃さを着色をする事ができます。

ただ、濡れた手で触ると、にじんだり、色落ちはあります…。

とはいえ、そもそも濡れた手でキーボードに触る事自体が、絶対に行ってはならない行為であるため、無視しうる欠点かな、と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)