ウェブ社会と本音を考える一冊 書評 ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか

インターネットにおける日本人の深層心理考察した一冊

つまりウェブ世界において、特に十代の若者は自分の生き方というものについて、まだ指針が固まっていない、それが故に例えば日本という枠組みでの大きな物語であったりまた、周りの者と必要以上に協調性を保とうとする、という事が極めてわかりやすい形で出てしまっているのが現在のsnsやfacebook という媒体なのではないかと考えます。... 続きを読む