windows10にしない方がいい理由、もしくは現状のPC文化のお粗末さについて

消費者庁がwindows10の強制的とも言えるアップグレード対する注意喚起を出したりしていて、私もPC関係の仕事をしていますが、Windows10は導入しないほうがいいと思います。

windows 10にアップグレードできるのはwindows7からなのですが、これがwindows vistaであればOSの保守期間などを考えた場合、アップグレードできるのであればした方がいいと思うのですが(Vistaはできない)、別にwindows7は安定したosだと思うので特にする必要はないと思います。

windows 10はwindows7もしくは8.1からアップデートできると言われてますが、少なくとも私が勤めている会社の周りの人々の話を聞くと、windows10にしてから挙動がおかしくなった、重くなった、という話がかなり多いのですよね。

もともと、ハードウェアというのは、特定のターゲットOSに向けて開発されたものですから、そこに全く別のosを導入して、それがうまく行く、というほうがおかしいと思います。

私はmicrosoftがwindows10にアップデートさせたがっている一番最大の理由は、スマートフォンとPCとの同一的、もしくはシリーズ的OSでの動作、ファイルシステムなどの統合による市場シェアの拡大ということが狙いとしてあると思います。

しかし、実際にはwindows7,8,8.1のパソコンにwindows 10を入れることによって、動作が重くなった、もしくは動作がおかしくなった、といったことに対して対してアンインストールができない、もしくはわからないので新しく買った方がいい、と思わせるためにそのような行動しているのではないかと思います。おそらくそのような層はマックは買わないでしょうし。

アップグレードに関してのOSの必要条件であるとか、その際に起こった問題の解決方法であるとか、そういったことを一般のかたが理解できるかと言うと、私はまったくそんなこと思いませんし、Windows10にすることによる不具合ををmicrosdとしては、「それは以前に前に通知しましたよ」と言い張る行動はあまりにも企業として無責任な行動なのではないでしょうか。

結局、今回の windows 10に対する騒動というのは特定の一社に対してosを依存していることが、いかに危険であるかということを知らしめているのではないかと思います。

では、UbuntuやCentOSなどのLinuxを一般の人々が使えるかと言うと、それは全く別の話ではあるのですが。

つまりパソコン市場というのは成熟しているように見えて、かなり大きな問題をはらんでいますねというのが私の現場での感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)