仕事の場合、ノートパソコンだからこそ高性能なパソコンが必要である理由

ノートパソコンはメールとブラウザだけ、と思っていのですが

私は仕事上、ノートパソコンもかなり使うのですがノートパソコンは基本的にはメールと、あとブラウザを使うくらいのモノかなと思っていました。

ところが、先日、その考え方を覆すような出来事が起こったので今日はその顛末を書いてみたいと思います。

私の場合、技術職なので出先でプログラムをいじる事もあるのですが、それがサーバサイドスクリプトなどの場合は、サーバの中に入ってそしてvimなどでプログラムの修正をすれば良いのですが、これがクライアントサイドのアプリであった場合、eclipseなどの統合開発環境を用いる必要があります。

ちなみに、vbsを使えばエディタ一つでプログラム修正をすることは可能なのですが、vbsではどうしようもない場合もありますから…。

私はノートパソコンはメールとブラウザが見ることができればそれでいい、と思っていたので、統合開発環境を入れてなかったのです。

その結果として、顧客の現場からは会社に帰り、そのアプリを作り直し、さらにインストールを行うために再度顧客のもとに行く、という労力が発生がする事になりました。

ある程度パワーのあるノートパソコンであればその中にeclipseを入れておいてもいいですけど、それができるだけの能力的な余裕がなかったのですね。私のノートパソコンは。

ノートパソコンの逆先でそんなにパワーを使う仕事はないであろうという考えが根底にあったことがその最大の原因です。

もちろん予算的な理由もあるのですが…。



広告

ノートパソコンの本質は「いざという時」に使えるか否か

つまり、普段、「限定した仕事」を前提にノートパソコンを持っていると、「いざ」というときに、全然使えない、ということを身をもって学んだことになります。

ノートパソコンは外に出て簡易的な仕事をするのか、もしくは外へ出て他の何らかのシステムのサルベージ、システムリカバリーなどの実践的なツールとして使うのか、その考えは分かれると思います。

とはいえ大は小を兼ねるではありませんが、ハイスペックのマシンであれば、少なくともメールやブラウザは当然のように使えますし、また、もし万が一出先で何らかのアクシデントが生じた場合、自社で仕事をする状態に近い状態で仕事をこなす事ができる最大のメリットもあります。



広告

一定程度以上のスペックのノートパソコンを持つ、精神的余裕

今回の一件があり、私は、たとえあまり(そのスペック全体を使う)利用頻度は高くなくとも、メインマシンと同等、もしくはメインマシンより少し上くらいのスペックのノートを持っておくべきであると、考えに変わりました。

大は小を兼ねる、ではありませんが、「パワーのある作業を行いうる」事自体が保険として成り立つのですから。

これは痛い目に合わないとなかなか気づかないこなどもしれません。

とはいえ、メインマシンは普段仕事として使う機材ですから、完全な環境構築をすべきですが、少なくともサブのノートマシンについては、一定程度は手抜きの環境構築でもいいのかもしれません。すべての環境を投入すれば、それだけで動作が重くなりそうな予感もありますし。

ただ、実際に作業しようと思えば行うことができるスペックを有するマシンを持つ、その安心感を買う、という必要性ですね。

自分で仕事用で使うノートPCを買う場合、やはり予算限度があるので、その場合どうすればいいのかを考えた場合、そこそこのスペックのマシンを購入し、それを高速の状態のまま保つ事に注力することが一番現実的かもしれません。

そのためは、
データを必要以上に置かない
外出先の業務で使ったデータはUSBメモリのにサルベージしそして外部に保管しておく

などの行動をするべきではないでしょうか。その考え方は、ノートPCとデスクトップPCでは根本的に異なるものとさえ、考えます。

ノートパソコンは常に移動するものであるため、盗難リスクも無視できないものです。

パソコン自体は盗難されたとしても何万円程度の損失にすぎないかもしれませんが、もしそのパソコンの中に顧客のデータなどが入っていた場合、その損失は金額として算出すること自体が難しい状態になってしまうかもしれません。

それを回避するためにもパソコンの中に極力文データを残してを残さない行為は重要な行為であると言えます。



広告

ノートPC自体の軽量化方法

外出先で使うことを考えればWindows10ノートの標準添付されている標準インストールソフトの削除なども大いにあり得るでしょう。また起動時のスタートアップにおけるプログラムの削除なども同様です。

パソコンというのは基本的に豪華に便利になっていますが、が実際に仕事に使う機能は、そんなには多くなかったりします。

結局それらをソフトが勝手にバージョンアップなどをすることによって、パソコンがどんどん重くなりそして業務の効率が悪化していくのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)