問題をあえてほったらかすという選択肢

私の場合プログラマ、システムエンジニアという働き方をしているのですが、これらの業務を行う上で重要なのは問題の優先度の考え方ではないだろうか、と最近思っています。

例えば、ある問題は非常に重要ではあるが、納期がまだまだ先という場合は、それをあえてほったらかしにする、ということも十分に選択肢としてありうるのではないでしょうか、とういうことです。

ただ、それは正確には放ったらかしにしっぱなしにするのではなく、頭の片隅で、その問題を考え続けるという行為であるのですが。


広告


実は、先月、休日前に会社で、とある重大な問題が発生して、できればその問題を優先して休日を潰したほうがいいのか、という考えも思い浮かんだりもしたのですが、それでも「あえて休日を強行する」という手段を取りました。実際、その後、なんとかその問題は解決しましたし。

問題が発生している場合、頭に血が上っていて極めて視野が狭くなっているということも事実として十分ありえるのですから、あえてわざとその問題から離れる、という選択肢もあって良いのかもしれません。


広告


もちろんそれは時と場合また 重要度にもよりけりなのでしょうが…。

問題に対するアイディアを考える、というのは、わりとどんな空間、時間でもそれが出来ます。また解決策を複数出しておいて、それを現実の問題に対していかにして適用できるか、という事を考えるほうが後々精神的に楽だったりもします。

そのような意味で、その問題から一定の距離、一定の時間を置く、ということは意味がある行為かもしれません。


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)