深夜のドライブでふと思ったこと。この国は経済的縮小を隠せない。及びその原因。

先日彼女とドライブに行きました。

土曜日の夜だったのですが、私の住んでいるある地方都市(都道府県の中央庁舎所在地)から、その市の隣の別の市に行くべく峠を越えようとしてました。

私の家は割と市の中心部の近くにあるのですが、そこから自動車で隣の市への峠に行くまで、だいたい12,3キロ程度あります。

で、ガソリンが無い。そんなに燃費が悪い車ではないのですが、さすがにインジケーターが残り1目盛りだと不安ですね、と。

その道は幹線国道ということもあり、まさか土曜日の夜にガソリンスタンドが開いていない筈はないであろうと思いながら行ったのですが、


広告


見事に1件も空いてないのですね…。市の中心部から峠までガソリンスタンドは10件近くあるのに…。

ちょっと、普通ありえないかな、と思います。
土曜日の夜はサタデーナイトフィーバーという言葉にも代表されるように(死語だな…。)、若者が夜を徹して遊ぶのが当然の日だと思いますし、当然そこには地方都市であれば自動車を使うのが自然といえるでしょう。

しかし、現実には土曜の夜でさえ、市の中心部から隣市への主要な幹線国道への峠までの間にガソリンスタンドが1件も営業していない、それは深夜とはいえ、明らかに社会的なインフラの縮小と言えるのではないでしょうか。


広告


それらの原因としては、社会全体が高齢化、若者が車を持てない経済状況、スマホが車を購入するだけの金銭的余裕を奪っている、とか色々とあると思うのですが、ともかそれらの問題を総合して言ってしまうと現実的に経済の縮小が生じているわけで。

これらは私の小さな発見だったのですが、おそらくこんな事は将来的に、しかも近い未来、嫌という程経験していくのでしょう。


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語を含んでいない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)