ウェブ系での構築での枯れた技術、普遍の技術としてのサーバの重要性について

h最もベーシックな技術を習得するメリット

勉強会において、ウェブの技術は日進月歩と言われますが、それらの境界において、習得し、それが今後役に立つ技術とは一体何か、について私なりの回答を書いてみたいと思います。



広告

流行り物に将来性があるのか

そもそもJavaScriptのクラスや、フレームワークは確かにウェブサイトを作るには便利になるかも知れませんが、拡張機能その物や、流行りの技術を勉強するよりは、もっとベーシックなサーバーサイドの技術を習得する方が、長期的に見た場合には良いのではないかと考えています。



広告

時代が変わとも不変の技術にのみ投資する

サーバサイドの技術者としてはLinux概念がありますが、現在のこの別ページを表示しているのも、おそらくはLinux系OSでしょうし、そこで使われている技術も、おそらくはApacheなどの20年も前からある技術だったりします。

また、そのapacheが動作しているLinux、そこには組み込みコマンドが多数用意されていますが、それは30年も40年も前から存在する技術です。

そもそも論で行ってしまえば、Linuxの先祖に当たるUNIXなどは、「モニタ表示の編集環境すら無い」時代に作られたのですから。



広告

サーバはいつの時代も裏方としてサービスを支えている

そのサーバの中で、使われている技術とは、少なくともこれまで数十年間使われてきたのですし、その記述は、今度同じく数十年感は根幹的には変わる事はないのではないでしょうか。

つまり、それらの技術を覚えれば、今後数十年は同じようにその技術を使う事できるのではないかと考えるのです。

とはえクラスの概念は理解しておくべき

ただ、とはいえ、私は言語に用意されているクラス機能については、使用する、市内にかかわらず、概念は理解し、必要であれば使える事ができる状況にはしておくべきであると思います。

クラスによる開発は少人数での開発の際にはめんどくさい実装方法に過ぎませんが、大人数、もしくは巨大なシステムを開発する際には、問題の切り分けなどについて非常に有効に使う事のできる機能です。

後日のメンテンナンスを考えた開発方法

これも働く分野によって話は変わるのですが、webなどでJqueryを学ぶ必要がある、もしくはそのプラグインを常に使用する必要があるのであればともかく、そうではない、産業用もしくはイントラ系の事案を作る形のであれば、無理に新しい技術を追い求めるのではなく、古くからある記述を、をいかにして確実に使うか、そして、いかにして効率的に生産、保守する事ができるか、の方向に考え方をシフトした方が幸せなのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)