良いパソコンに変えるとなぜ作業効率が上がるのか、実体験を通じての理由の考察

パソコンを一気に更新しました

前々から課題であったメインのパソコンとサブのパソコンの更新を行いました。

サブのパソコンは取引先でも使う者ですが、これまで双方ともCPUがコア2デュオであったものを、を全てi3及びi5に入りプレイスしました。

パソコンを早くすると作業効率は上がるのですが、なぜ作業効率が上がるのかを実体験を通して考えてみました。


広告

作業効率(だいたい)大幅アップ

一番効果的なのは普段使っているメインマシンの交換です。キーボードやマウスなどはそのまま、マシンのみを変更しています。

例えとしては、将棋の棋士がいますが、これらの人々は将棋を打つ時に、その手の何10手もの先の手も読んで打っている、と言われます。

パソコンもこれと同じように、ある一つの作業を行う際、まずこの動作をし、その結果表示がされ、そして、そこから更にどのキーを押すか、という事を頭の中でシミュレートとして作業しています。

つまり、キーボード打った瞬間に次の画面が出てくるという事は、頭の中で組み立てた作業手順を滞りなく行えるため、作業効率の上で非常に望ましい状態となります。

もっとも、最近はクラウドもしくはウェブという事もあり、そのウェブの通信速度も関係するため、パソコンが高速化したとしても、必ずしもすべての作業効率が上がるわけではありませんが、しかし、webの遅延時間を除けば、かなり自分の頭の中で思い描いている「何手さ先」の動作まで、スムーズに行けるようになったとは思います。

ただ、逆説的に言えば、パソコンを使う事に習熟していない場合、もしくは必要とする動作が軽量な動作である場合は、高速なパソコンに交換をしても、起動時間の高速海外には、あまり作業にメリットがないかもしれません。

逆にメリットが最も多く受けられるのは、非常に多くのCPUパワーを必要とするプロセスをローカルで完結できる作業であり、しかも頭の中で、それらの手順が全て組み立てる事ができている人、ということになるのではないでしょうか。



広告

パソコン交換「投資」

上にも書きましたが、パソコンを交換しても、それが作業の効率化に繋がる人と、繋がらない人は存在すると思います。

ただ単にインターネットを見ているだけ、もしくはwordやexcelを少し使っているだけであれば、あまりメリットはないかもしれません。しかし、パソコンに負荷のかかる作業を要求する場合は大いに作業効率の効率が見込めると考えます。



広告

お金と時間に余裕があればパソコンを交換するのはおすすめ

とはいえ、私がパソコンを買うと言っても、それは大体の場合は中古の型落ちの旧型のi5のCPUなどのモデルですが、中古の場合はほぼ数万円程度で、かなり良いCPUのパソコンを選択することが可能です。

逆に考えると、数万円をケチったがために作業効率が悪化する、とも考える事もできます。
とはいえ、パソコンの良し悪しとは実際に触ってみないと、なかなか実感は湧きにくい事かもしれませんが、現時点で、あるタスクに待ち時間が発生している、しかもそれはネット回線の問題ではない、という状況であれば、交換してみるとメリットはあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です