月別アーカイブ: 8月 2017

日刊新愛媛を考える 愛媛には地方紙が2つあった 書評「新聞が消えた!」

書評「新聞が消えた!」

前半はまあ、「古き良き時代の新聞記者の回顧録」なのですが、後半が圧倒的に面白いです。イケイケドンドンの新聞社と、そこに介入するオーナーとの攻防、そして行政との軋轢と衰退。まさに「事実は小説より奇なり」を地でゆく圧倒的な面白さ。また、著者のオーナーに対する率直な意見も非常に読み応えがあります。回りくどい文章よりもストレートな文章がいかに力強いかを示す一冊です。... 続きを読む